夏に適したTシャツ、素材の組み合わせ次第でどんなシーンにも

Tシャツは動きやすい服の代表のようなもので、シンプルゆえに私服、スポーツ、ビジネス、色々なシーンに使われています。そんなTシャツ、使われている素材によって適しているシーンも変わり、最適なものを着用することでより快適にTシャツを着用できます。

オリジナルTシャツ製作なら生地から選べる業者がおすすめ!

オリジナルTシャツ

オリジナルTシャツ製作!素材から選ぼう!

Tシャツはなによりも楽な所がメリットです。ストレスフリーで着用できる衣類であるTシャツは老若男女問わず着用しやすい、そんな衣類となっています。
そんな快適さを重視したTシャツ、より快適に着用できるためには素材にこだわるのが一番です。
素材によって全く吸汗性も、速乾性も異なります。気持ちよく快適に着用するためにもTシャツを選ぶ時には素材を把握し、表示から大体の着心地がわかるとTシャツ選びがより楽しくなります。
オリジナルTシャツを製作する際も同様で、Tシャツの用途によって素材選びをすると快適なオリジナルTシャツを製作することができます。
ウェブサイト上ではきちんと説明されていますが、どういう素材で作られているかなどを理解していると、試着ができないオリジナルTシャツや、それだけではなく通販で購入する場合においても大体の着心地がイメージできるので知っておいて損はないものです。
Tシャツの素材によく使われているのは綿、ポリエステル、レーヨンなどです。
それぞれ手触りや特性なども異なるので、適した素材を使うことにより欲しい着心地がうまれます。
そしてこれらを混合することでも新しい着心地がうまれるので、これらを組み合わせた混合素材のTシャツも販売されており、用途によってこうした素材を使い分けて快適に着用できるTシャツを開発、販売されています。
メジャーな綿はやはりその吸汗性が一番の魅力となっており、着心地は抜群です。
最もストレスなく着れる素材なので夏場にも最適、屋内スポーツでも重宝される、そんな素材となっています。
またその着心地のよさから小さなお子様の衣類にも使われていることが多く、最近ではオーガニックコットンなど綿自体をこだわっているのでより着心地のいいTシャツが販売されています。
次にポリエステルは、汗への強さではほかに類を見ないほどのものなっています。
そのため屋外のスポーツにも適しており、激しい運動を行う際重宝されています。
トレーニングなど汗をたくさんかく場合でも速乾性に優れているので汗が乾きやすく、ものによっては汗をかいてもサラリとした感触で不快さを感じさせないものもあります。
速乾性はとくに洗って干した場合、すぐ乾くものなので手入れも簡単、そのため毎日着用する必要のあるビジネスでの制服にも適しているので飲食店、サービス業の現場の制服にもポリエステルは重宝されています。
ただし綿に比べて吸汗性、着心地が劣っているのでこれらをカバーするためにインナーに吸汗性に優れた綿の下着を着たほうが敏感肌の方にとっては特に優しいです。
こうした素材を組み合わせて作られるのが混合素材で、この時使われることが増えるのがレーヨンです。
レーヨンは柔らかい感触が特徴で、サラリとしたポリエステル製の下着に柔らかさを持たせるために利用されています。
綿で着心地の良さや吸汗性、ポリエステルで速乾性や皺になりにくさ、レーヨンの柔らかさを組み合わせて混合した生地もあり、この割合は商品の使い道によって異なるものとなります。
使い道によって使い分けられたり、または組み合わせや混合の割合を変えることができる素材、それぞれの特性をわかっていると大体の着心地などのイメージができるので、ある程度把握しておくと通販などでTシャツを購入しやすくなっています。
オリジナルTシャツを製作する場合はこれらの素材もですが、同時にどういったTシャツか等もしっかり明記している場合も多いので比較的選びやすくなっています。

Tシャツに混合生地もおすすめ!

それぞれの素材にはメリットもありますがデメリットもあります。
これらを知っておくことで事前に注意点を把握できるので、こうした情報も踏まえてTシャツを購入するときの参考にできます。
Tシャツを購入する際、適当な部屋着として購入する場合ならともかくオシャレ着などで使う場合はできるだけ長く使いたいものです。
デメリットを知っておくことにより手入れも気を付けることができ、お気に入りのTシャツを長く着用していられるのでおすすめです。
綿のデメリットはやはり劣化です、色褪せなどに注意しなければならないので長い時間日差しに当て続けないなどの気を遣ったり、ほかにもシワが気になる場合は平干しや竿にそのままひっかけての干し方をした方がいいものとなっています。
色褪せは経年劣化で起こってしまうものではありますが、手入れによって色褪せを遅らせることもできるので、少しでも長く着たいTシャツは手入れの方法に関する知識をいれておくのが一番です。
ポリエステルは着心地がデメリットとなっておりごわごわした感触が苦手でできるだけ避けたい、という方も少なくないものです。
着心地の悪さをカバーするためにも下着を着用し、ポリエステルと素肌の間に一枚綿生地の衣類を仕込んでおくのが一番ですが、女性はともかく男性だとTシャツをそのまま着用する習慣がついている方も多いので、普段着には向かないものとなっています。
同様に折角のTシャツなのに汗もあまり吸わずごわごわしている感触があるので、子供用としてもどちらかといえば不向きな生地です。
綿には綿の、ポリエステルにはポリエステルのデメリットがありますが、メリットも大きいものなので、少しでも両方のいい所を組み合わせたものが混合生地となっています。
混合の割合によって着心地が変わるので、ちょうどいい組み合わせで手入れもしやすい、そんなTシャツも見つけられます。

最適な生地が選べる!オリジナルTシャツ製作

Tシャツの使い道は様々で、下着、オシャレ着、スポーツウェア、ビジネス用の制服など大変幅広くなっています。
そのためこういった用途によって素材を使い分け、最も適したものを利用すると快適な使い心地になります。
素材だけではなく厚みや通気性を左右する織り方もありますが、ここまで知りながらTシャツを購入するのは難しいので、素材や商品説明からどういった着心地かを見るのが精一杯です。
オリジナルTシャツを製作するときもこうした用途に合わせた生地を選びたいものですが、実際なかなかわからないものです。
オリジナルTシャツの製作を行っているプリズマでは沢山の種類のTシャツの用意がありますが、どういった特性のあるTシャツかなどをしっかり明記しているので、用途によって選びやすくなっています。
速乾性のいい生地、メジャーなTシャツ、薄地のものなどさまざまなものを取り揃えていますがいずれも高品質のものとなっているのでイベントや販促物用のライトウェイトTシャツであっても、すぐにヨレたりなどがない丈夫なものとなっています。
ロープライスのTシャツでも高品質のものを取り揃えているプリズマ、Tシャツによってのデメリットや劣る点もしっかり明記し、お客様にわかりやすい商品説明をしているので非常に良心的となっています。
小ロット10枚から作ることができるという点でも良心的なので、個人で製作をしたい場合でも高品質なオリジナルTシャツを必要な枚数分発注できます。
快適に着用できるオリジナルTシャツを製作したい、そんなときはプリズマがおすすめです。